このサイトは
お酒に関する内容が含まれます。

あなたは20歳以上ですか?

.cls-1{fill:#fff;} sign_title

ボンベイ・サファイアが提案する
新時代の働き方改革プログラム

あなたの職場がBARになる。


お酒は、あたらしい何かを生み出す
チカラになってくれる。
アイデアが生まれたり。ブレストが活発になったり。
ふだん話さない人との会話や、
コミュニケーションが深まるきっかけになったり。


だから職場にBARをつくる仕組み
「職BAR(ショクバー)」をはじめました。
職BARを通じて、新しい働き方や
コミュニケーションのスタイルを
つくってみませんか。

プレミアム・ジン「ボンベイ・サファイア」が提案する、働き方改革。

ご提供内容


一流のバーテンダーを派遣、
職場にバーを提供。

当日のイベント内容は、
企業の課題に合わせたサービスを
オーダーメイドでご提供。

  • バー文化が学べるアカデミア
  • カクテル作りが体験できる
    ワークショップ
  • ビジネスアイデアを創造するブレーンストーミング

実施金額


“職BAR”で、働き方はこう変わる。

職BARを取り入れてみた企業の方々にインタビューをしてみました。


職BARを取り入れてみた企業の方々に


インタビューをしてみました。


偶然が生み出す “盛り上がり” は
『職BAR』ならではですね

ヤフー株式会社
ピープル・デベロップメント統括本部
オフィス・経営支援本部
BASE11&CAMP企画運営

小谷 浩一さん

記事を読む

VALUE(Unite as One)
を体現する良い機会になりました

株式会社gumi
Business Promotion

Director

寺村 康さん

 

大枝 朱里さん

記事を読む

日常でも、非日常でもない
適度な緊張感がある心地よい場でした

有限会社 篠原紙工
Factory 4F マネージャー

田渕 智子さん

記事を読む

「自分たちで『働く場で楽しむ』
を体験して、広げていきたい」

株式会社 ヒトカラメディア
ワークプロデュースグループ

プランニング事業部
サブマネージャー

大塚 裕樹さん

企画営業部
 

谷川 鈴扇さん

記事を読む

なぜ今“職BAR”なのか?

様々な企業の方に働き方改革とお酒に関する実態調査を行った結果

様々な企業の方に働き方改革と

お酒に関する実態調査を行った結果、

(調査対象:20〜50代 男女 1,000名)

  • 若い世代の方が「飲みニケ―ション」
    ※を支持している
  • 「飲みニケ―ション」の最適な時間は約100分。
  • お酒が仕事のひらめきに役立つことも。
  • など、様々な実態がわかりました。
  • ※「飲みニケーション」=社員同士で飲食(アルコール飲料を含む)
    しながらコミュニケーションすること

1.

「飲みニケーション」賛成派は、約半数。
意外にも、若い世代の方が有効だと考えている。

「飲みニケーション」は、社内の円滑なコミュニケーションに
役立つと思いますか?

全体で「そう思う」の回答が45.9%。年代別に比較してみると、「そう思う」が過半数となったのは、20代の社会人。一方、30~50代の社会人はいずれも4割程度。平成生まれ世代の方が「飲みニケーション」の価値を感じているようです。

2.

飲みに行くと、やっぱり距離が近くなる。
でも「もう一軒!」は嫌われる?

会社の上司、部下と飲みに行くメリット・デメリットは?

いずれの関係性でも「距離が近くなる/仲良くなれる」が最もメリットに感じられています。「飲みの時間が長い・明日への影響」がデメリットとして高いスコアとなっており、上司も部下も「時間」を気にしていることが分かります。サクッと時間をかけずに飲む事が、より良い「飲みニケーション」を生みだす鍵となるかもしれません。

3.

最適な飲みニケーション時間は、約100分。

「飲みニケーション」はどのくらいの時間で
行うのが良いと思いますか?

全体平均では1.67時間。「飲みに行くメリット・デメリット」と合わせて確認すると、「飲む時間を100分前後とし、仕事と関係のない話題で盛り上がる」という飲みニケーションが、最適と言えそうです。

4.

お酒が、仕事の発想やアイデアの
スイッチになってくれることも。

お酒を飲みながら
仕事の発想やアイデアを
考えることは良いと思いますか?

世代の壁を超え、お酒と仕事は相性が良いと考えられているようです。「売り場の展開の仕方や適切な人員配置を考える事ができた」や「お酒を入れて気分転換をすることによってアイデアが浮かび、報告書を書き上げることができた」など、職種に限らず、様々な成功体験が挙がりました。

出典:「働き方改革と社内コミュニケーションの実態調査」 2019年 バカルディ ジャパン株式会社

icon_blank

さらに詳しい調査結果を見る。

世界中から厳選された
10種のハーブ&ピールを使用した
プレミアム・ジン『ボンベイ・サファイア』。
職BARでは、ジントニックをはじめ、
様々なジンカクテルをお楽しみいただけます。